@padplusdgさんをフォロー

衛宮士郎-半人前の魔術師:衛宮士郎

LINEで送る

[No.1033]衛宮士郎
423
属性 COST 10
レア ★4 最大Lv 35
最大HP 1698 最大ATK 896
種族 人間
Leader Skill [半人前の魔術師]
味方の無属性ユニットまたは神族ユニットのHPが2.0倍、攻撃力が1.5倍になる
Normal Skill1 [ふざけるなっ]
敵単体に無属性の小ダメージを与える
none none
Normal Skill2 [簡単には死ねないっ]
HPを15%回復する
none none none
Passive Skill [—]
Active Skill [トレースオン]
自分以外の味方のスキルを4ターン短縮する
進化 [No.1034]半人前の魔術師:衛宮士郎
進化素材 169 170
進化クエスト 無の試練:超級
Profile 山と海に囲まれた冬木市。そんな地方都市の一角に住む衛宮士郎は、早朝の訓練を終えると先ず朝食の準備へ取り掛かる。勿論、いつも通り二人分だ。朝食を済ませ、迎えに来た後輩と共に学校へ。登校早々に、今日もまた生徒会長からの備品の修理依頼が舞い込んでくる。これが彼の、変わらない平和な日常だった。
[No.1034]半人前の魔術師:衛宮士郎
423
属性 COST 20
レア ★5 最大Lv 99
最大HP 2547 最大ATK 1568
種族 人間
Leader Skill [半人前の魔術師]
味方の無属性ユニットまたは神族ユニットのHPが2.0倍、攻撃力が1.5倍になる
Normal Skill1 [材質補強ポスター]
敵単体に無属性の中ダメージを与える
none none
Normal Skill2 [お前みたいな奴にっ]
HPを15%回復する
none none
Passive Skill [—]
Active Skill [トレースオン]
自分以外の味方のスキルを4ターン短縮する
進化
進化素材
進化クエスト
Profile 扉の前に立つ衛宮士郎。それは、突如冬木市内に現れた無数の不思議な扉の一つ。それが誰の仕業なのか、その目的は何か。そんなこと、彼には関係無かった。周りに居る人々に、危害が及ぶ可能性があるなら。彼は令呪が宿る左手を握り締め、サーヴァントと共に扉の中へと足を踏み入れる。己が掲げる理想の為に。
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る