@padplusdgさんをフォロー

最新情報

LINEで送る
2014年1月8日 1:34 2コメント

【ストーリー】アカネ【プロフィール】

, , , , ,

関連記事:【ストーリー】統合世界【世界設定】

【ストーリー】アカネ【プロフィール】

アカネ
【ストーリー】統合世界【世界設定】

はじめに

公式に書かれている事をまとめてわかるようにしたいと思ってはいるのですが
わかりづらい部分が多いので個人的な解釈が入ってしまう部分があると思います。
間違いや、解釈が違っている部分を発見した場合にはお手数ですがお知らせくださるとありがたいです。

アカネのプロフィール

アカネ



そして少年は「炎」に出会った。真っ赤に燃える炎、それは幼き日からいつも傍に感じていた様な暖かさ。亡き父(パブロフ)から譲り受けた甲型エレメンツドライバ【イグナイト】はアカネの右腕、左腕へと収まり、炎を灯す。開かれた扉、聖なる入口<ディバインゲート>、交わった世界、運命の火蓋が今、切って落とされる

甲士アカネ

「炎」を灯す者として、聖なる出口<ディバインゲート>を目指し、統合世界<ユナイティリア>を自らの拳で壊すことを決心したアカネ。新たな炎を灯し、【イグナイト:セカンド】へ進化を遂げるドライバ。父(パブロフ)が託した意味、それが仕組まれた運命だとも知らずに、戦いへの熱い闘志を燃やし、反逆の狼煙をあげる。

炎甲士アカネ

火竜さえも凌駕した「炎」は火花を散し、ドライバは【イグナイト:サード】へと進化した。自ら上げた狼煙は災いの火種となり襲いかかる。それはこの統合世界を正常化する為に発足された「世界評議会」にアカネの良く知る「ある男」(パブロフ)が選ばれた影響であり、約束された未来の存在と黄昏の審判に気付き始める。


火炎甲士アカネ

仕組まれた運命、歩かされてきた道、立ち塞がる壁、見せつけられた力の差、消えかける心の灯火。哀傷のままに誘われたのは火想郷<アルカディア>。全てを受け入れ、そして再び炎を灯すアカネ。生まれ変わった相棒【イグナイト:ホムラ】と共に、今度は自らの意思で、自らの拳で、新たな戦いの狼煙をあげた。
アカネに関わるストーリー

アカネに関わる部分に下線を引いてあります。

パブロフ

パブロフ

出会ってしまった炎と炎、彼は言った、大きく育ちやがったな。少年(アカネ)へと向けられた義腕型ドライバ【エルプション】は、59回目の起動実験の末の爆発事故の傷跡。炎に包まれた研究施設、死んだとされた彼は生きていた。そう、世界評議会の一員として、そして、パブロフという天才の名前を背負い、生きていた。

全ては計算通りだった。炎才は息子(アカネ)ですらも利用した。進化を遂げた【エルプション:ホムラ】の前に崩れ落ちるひとりの少年(アカネ)。男だったら、必ずやり返しに来いよ。炎才は、再会の言葉と、茜色のピアスを1つだけ残し、姿を消した。それが、少年(アカネ)の空いていた右耳を飾り、そして、再び立ち上がる力になると信じて


パブロフの詳しいプロフはこちら

イフリート

イフリート

天界<セレスティア>の炎を司る大精霊、イフリート。この世界に存在する炎の起源<オリジン>であり、その体は炎により形成されている。交わってしまった世界に業を煮やし、短い気を更に短くさせていた彼女。怒りの炎を燃やし、辺りが深紅に染め上げられた頃、その茜色を頼りに、新たな力を求めた甲士(アカネ)が訪れる。

炎を灯した少年(アカネ)との出会いが彼女を変えた。起源<オリジン>である自分の起源を知るために訪れた火想郷<アルカディア>、彼女は炎精王へと生まれ変わる。種族を超えた出会い、炎と炎の共鳴<リンク>が燃やす熱い炎。全ては審判の日の為に、自分を変えてくれた少年が愛する常界<テラスティア>を守る為に。。

聖銃士ベディヴィア

ベディヴィア

審判の日を前に、業炎の甲士(アカネ)との激闘の中で、一途に聖王(アーサー)を想うその心が引き起こしたリボルバーシフトは、ドライバを【ベドウィル:リボルブ】へと可変させた。覚悟をみせた聖銃士へ託された「来るべき日の約束」、それは聖王の真意。来るべき日の訪れを止める為、彼女はその剣に、生き残ってみせると誓った。

シラヌイ・ホムラ

シラヌイホムラ

極秘裏に開発が進められていた第五世代自律兵器型ドライバ【シラヌイ】は、まるで誰かの戦闘データが蓄積されたAIが搭載されたかのような振る舞いをみせるが、未だ完成には至っていなかった。足りないピース、それは自律の心を動かす力、新たな動力源エレメンツハートの稼働条件。冷たい機械の心に温もりを今。

拳を交える中、機械の心が人間の温かさに触れた時、初めて鼓動を響かせるエレメンツハート。自立を超えた自律、それはまるで人間の様で。燃える魂、狼煙を上げる拳、温もりをくれたあの人の力になりたい。【シラヌイ:ホムラ】はお揃いの赤に袖を通した。全ては父(パブロフ)から子(アカネ)へ、厳しさの先の優しさの贈り物だった。

ヨウコウ

ヨウコウ

今日からここが、君の寝床だよ。はめられた首輪に繋がれた鎖を引きずられ、空一つ見えない部屋に連れて来られたヨウコウ。本当にすまない、あと少しなんだ。わずかな隙間から、いつも時間外の食事を差し出してくれる温かな手に親しみを覚えた頃、59回目の起動実験を開始するアナウンスが鳴り響いていた。

不意の爆発により、偶然にも解放された炎拘獣ヨウコウは炎に包まれた研究施設を見つめていた。優しさをくれたあの人(パブロフ)は無事だろうか。後ろ髪引かれる想いを胸に閉じ込め、施設を後にした。そして行き場を無くした彼は優しさの足跡を辿り、巡り会えた優しさの子供(アカネ)に真実を伝えた。全て、君の為だったんだよ、と。

火焔研フロギストン

【炎に魅せられし天才(パブロフ)】研究所の最深部、自らの死を偽った天才(パブロフ)は研究を続けていた。そして、偽りのレポートを提出してまで成し遂げたかった目的、開発された第五世代自律兵器型ドライバ(シラヌイ)に込めた願い。炎を灯した少年(アカネ)の元へ急げ、それが未完成品への唯一の命令だった。

アカネは父パブロフが事故にあった時に甲型ドライバを譲り受けた、死んだと思っていたパブロフが実は生きていてアカネはパブロフの思い通りに生きてきた。

イフリートと出会い力を増す
そしてパブロフと出会い対決して負けたアカネは今度は自らの意志で戦いの狼煙をあげた。

自らの死を偽ったパブロフは従来とは違う動力源(エレメンツハート)を持った第五世代自律兵器型ドライバ シラヌイを開発した。シラヌイは未完成であったがアカネの元へと送られた。シラヌイはアカネとこぶしを交える中で完成へと足りなかった人間の温かみに触れ、再起動(リブート)した。

甲士アカネのプロフにある”反逆の狼煙”は何に対しての反逆なのか
なぜべディヴィアと対決しているのか
どのタイミングでシラヌイはアカネと会ったのか
が不明です/(^o^)\

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
■ディバゲダウンロード
Android app on Google Play

この記事にコメントする

記事へのコメント

1名無しさん2014年1月13日2:05 PM

レーヴァンのプロフに研究所とあるので関係がありそう。

>なぜべディヴィアと対決しているのか
ぺディヴィアの目的がアーサーを守る事
→アーサは世界評議会にいる
→アカネの目的は世界評議会を壊す事?

2名無しさん2014年4月2日11:57 PM

パブロフの目的ってシラヌイを完成させること?
そのためにアカネを利用したって事?

今日はこんな記事が人気です

関連記事