ディバゲまとめぷらす

【ストーリー】ユカリ【プロフィール】

Tags:

関連記事:【まとめ】リセマラ:マラソン:経験値効率:素材入手場所:ストーリー【定期】

はじめに

公式に書かれている事をまとめてわかるようにしたいと思ってはいるのですが
わかりづらい部分が多いので個人的な解釈が入ってしまう部分があると思います。
間違いや、解釈が違っている部分を発見した場合にはお手数ですがお知らせくださるとありがたいです。

ユカリのプロフィール

ユカリ

少女は夜が好きだった。訪れる静寂、紫色に染まる街、暗く深い「闇」に包まれていた。夜を、闇を愛するユカリと呼応するかの様に現れた鋭い刃を持つ鎌型ドライバ【アビス】を手にした時、浮かび上がるのは闇夜を切り裂きながら進む死神の姿。それは小さな死神、か細い死神、だけど間違いようのない、死神の姿。

【アビス:セカンド】を振りかざし、聖なる出口<ディバインゲート>へと闇雲に道を切り裂く。それは「闇」を包む者としてではなく、探し物を見つける為に。幼き日の僅かに残された記憶、闇に包まれた世界。その正体が知りたかった。真実へ近づき始めた頃、ユカリの足元に導かれたように闇猫(キャット・ミー)が寄り添った。

闇を司る精霊(シャドウ)はユカリを優しく包み込み、探していた過去に触れた。私と同じ匂いがする、と。それは喜ばしくも、悲しくも、堕ちた者への烙印。小さな死神は【アビス:サード】を掲げ、魔界<ヘリスティア>へ反旗を翻す。闇へと堕ちる悲劇の連鎖を止める為に。だけどまだ、彼女は憎しみの闇に捕われたままだった。

魔界<ヘリスティア>の外れ、闇夜に浮かび上がる死後郷<エリュシオン>。向き合う心の闇、抱いた憎しみ、無くした過去を問う。捕われた闇を包み込めた時、ドライバは【アビス:オロチ】へと生まれ変わる。今もまだ「闇」を包む者として審判の日へ向かう。だけどユカリは、抱いた闇こそ人間らしいと愛せていた。

ユカリに関わるプロフィール

ユカリに関わる部分に下線を引いています。

シャドウ

シャドウ

魔界<ヘリスティア>へと初めて堕ちた存在、闇を司る大精霊シャドウ。一度堕ちた存在だからこそ、闇の起源<オリジン>となり、そして産まれた闇の力。誰よりも深い悲しみを知る彼女は、皆が安らげるよう、安心して眠れるようにと、優しい夜を生みだした。その夜は、やがて訪れる堕ちた鎌士(ユカリ)を癒せるのだろうか。

闇を包んだ少女を案じ、選んだのは自ら再び堕ちる道。かつて過した深い闇に包まれし死後郷<エリュシオン>、その中で行われた闇と闇の共鳴<リンク>は闇精王へと生まれ変わらせるのには十分だった。シャドウの生む夜を愛し、そしてその夜に包まれ眠る少女を見て、自分の産まれた本当の意味に気付かされた。

キャット・ミー

キャット・ミー

闇の匂いに導かれ、辿り着いた小さな死神。闇の子猫が寄り添うのは自分と同じ匂いの主(ユカリ)、それはやっと見つけた安らげる場所。受け入れざるをえなかった闇の力、キャット・ミーは怖かった。だけどもう、大丈夫。差し出されたミルク、暖かい毛布、触れられる優しさ、堕ちたのは、自分だけじゃないとわかったから。

優しさをくれた主の側に、いつまでも寄り添っていられたらどんなに幸せか。堕ちた猫が願った唯一の、普通すぎる小さな願い。
だけどそんな、小さな願いの邪魔をする受け入れ続けた闇の力。拒絶された天界<セレスティア>への道、遠ざかるのは安らげる場所、ケット・ミーは、叶わない願いの果てに、再び堕ちた。

ムラクモ

ムラクモ

やっぱり一人が気楽でいいわ、死神(ユカリ)は一人、ラウンジで休憩中。もしも退屈な時間をお過ごしならば、お相手をして差し上げましょう。投げられたサイ、始まったショータイム。示された「4」の枠を求め、名乗りをあげたのは癖の強い髪の悪魔(ダークサイズ)、ハートの尻尾の悪乙女(サキュバス)、そして無言で手を上げた【ムラクモ】だった。

オマエは罪な女だな、悪乙女へと鎌を振る闇刑者。あらあら、アタシはもっと罪な女よ。闇刑者へと杵を振る多元嬢。……。無言のまま死神へと襲いかかる自律兵器。私の時間を返してもらえるかしら、悪い夢なら魅せてあげるわ。その全てを薙ぎ払う死神。悪夢の曲芸は過ぎ去り【ムラクモ:オロチ】は目を覚ました。

ヴァルプルギス

BZkFX_XCQAEOuGD

ねぇ、どこにいるの。私をひとりにしないで。ずっと一緒だよって、約束したじゃない。魔界の最果ての地、初めての友達(ユカリ)を探して彷徨う少女がひとり。友達とお揃いの、紫色したストールを握りしめて。出会いは突然に、そして、別れも突然に。ヴァルプルギスは【サヴァト】と共に、初めての友達を探し続けていた。

なんで、私がわからないの。私のこと、忘れてしまったの。ずっと一緒だって、嘘だったの。友達なら、私がいるよ。私だけの、友達でいてよ。そっか、みんな、殺しちゃえば、いいんだ。そしたら、世界は、私と、あなたと、ふたりだけの世界ね。ヴァルプルギスは【サヴァト・メア】と共に、魔女王の力を暴走させた。

コスモ

コスモ

今宵もお楽しみのショータイム。コスモは杵型ドライバ【マレット】をステッキに見立て、おどけてみせた。プラネタラウンジに流れ着いた放浪者を持て成す支配人こそが今日は主役。目にも止まらぬ速さで振られるダイス、示された6の数。生き残った6人の勝者と笑みを浮かべる支配人が、全てを物語っていた。

日夜繰り広げられるショータイム、それはただのエンターテイメント。勝者にはこの世の栄光を、敗者にはこの世の絶望を。全てを超越した多元世界のお嬢様は自分こそがルール。【マレット:セカンド】を振りかざすコスモ、今宵、支配人は支配者へ。巻き込まれたデスゲーム、ダイスが決める未来。サイは投げられた。

ユーウェイン

ユーウェイン

自らの手で奪ってしまった親友の未来、その償い、形見である銃鎌型ドライバ【ロディーヌ】と共に生きることを決めたユーウェイン。一旦前線から退き、自由気ままに気の向くままに過ごしていたが、その胸に秘めた眠れる獅子を解き放たんと、ボスにより機関に招かれた。眠れる獅子が目を覚ます、その日は近い。

常闇の死神(ユカリ)が大鎌を振りかざす。奈落の大蛇の名の前に、目を覚ました眠れる獅子、聖銃士へと目覚めるユーウェイン。亡き親友の想いを胸に発動させたリボルバーシフト、【ロディーヌ:リボルブ】が闇を切り裂き炎を燃やす。それは獅子奮迅の如く、気高き獅子があげた、二度と会えぬ友へと向けた、目覚めの雄叫び。

ダークサイズ

ダークサイズ

誰よりも死刑執行人<エクスキューショナー>への憧れが強いダークエッジ。昇格試験も残り僅かたったの8人。訪れた常界<テラスティア>の死刑執行に衝撃を受け、以来、黒衣の中に好んで着るボーダー服。それが処刑される側だったということすら忘れてしまう程の衝撃は、人間の残酷性と共鳴<リンク>したから。

フードを外し現れた癖の強い髪、気にしていたその癖も恥ずかしくなくなったのは、自分だけが他の生徒とは異なる特別な闇の鎌型ドライバ【ダークサイズ】と名前を手にしたから。次に与えられた昇格試験、6日以内に6人を6回殺すこと。まずはその言葉の真意を知ることから、次の試験はもう、始まっていた。

次なる昇格試験の真意に触れた時、その手は震えていた。一つ、対象の心を殺す、二つ、対象の世界を殺す、三つ、対象を殺す、四つ、対象を知る者を殺す、五つ、対象の記録を殺す、そして、六つ、対象を殺した者を殺す。完了する6回の殺し。自らの命を6回絶つことと引き換えに、ダークサイズは闇刑者となった。

キョウ

キョウ

幽閉されていたのは堕ちた獣、キョウ。そんな彼には、自由と引き換えにとある約束が提示されていた。闇を包みし少女(ユカリ)を、魔界にそびえ立つ不夜城まで連れて来なさい。提示者は約束された未来のその先の幻を奏でてみせた。既に審判の結末のその先を見据えた者達は動き出していた。そして彼は、約束を交わした。

アンタのこと、連れて来いって頼まれてんだ。闇拘獣キョウは探し求めていた闇を包みし少女へと手を差し伸べた。攻撃姿勢をとったのは大蛇の名を関した自律兵器(ムラクモ)、不安な表情を浮かべたのは闇精王(シャドウ)。お迎えにしては、ちょっと乱暴ね。闇を包みし少女(ユカリ)は落ち着いた姿をみせたまま、差し出された手を見つめていた。

サキュバス

diva_08_cs1w1_x720

そんなにひとりの夜が怖いのなら、私が一緒に眠ってあげる。月が照らす夜の狭間、窓が開けばそこには悪戯に笑う闇の妖精プチバスの姿が。浄化され、妖精になろうとも、忘れることのない、見る者全てを魅了する小悪魔な笑顔。彼女は悪魔か妖精か、その答えは一晩共に過ごせばわかるだろう、朝を迎える頃には。

もっと私を求めていいのよ、近づく唇、感じる吐息、香る色気、艶やかな髪、触れ合う肌、繋がれた小指、それは大人になったサキュバスの姿。気が付けば寝室へ、大人な夜を連れてくる。共に朝を迎えた者は皆、口を揃えたように言う、彼女は天使のふりした悪魔だと。だけど、その夜は、間違いなく天国だったと。

終わってしまったショータイム、命懸けの戦いは彼女を悪乙女へと。そろそろ、天使のふりは止めちゃおっかな。片目を閉じた無言の合図は多元嬢へと投げられ、そして一人、天界<セレスティア>からの救いの手を振り切り、自らが生まれた魔界<ヘリスティア>へと。サキュバスは歪な平和より、正常な混沌を選んだ。

キャットミー可愛すぎてもう///

開催中のイベント/お役立ち情報

NEW!! 『テレンティア降臨』聖級 ノーコン攻略PTまとめ

『グリュプス降臨』聖級(幻,壊) ノーコン攻略PTまとめ


記事へのコメント

1名無しのまとぷらさん 2014年3月4日7:08 PM ID:MTAzMTE5M

ムラクモの説明文のハートの尻尾の悪乙女はコスモじゃなくてサキュバスでは

2名無しのまとぷらさん 2014年3月4日7:27 PM ID:MTIyNzkzM

最初、俺もそう思ったけど多元嬢の部分とショータイム、4の数字の部分みるとユカリ、コスモ、ダークサイズ、ムラクモの四人かなーと

というかユーウェイン戦はムラクモ仲間後のことなんかな?

3ディバゲまとめぷらす 2014年3月4日7:27 PM ID:Nzk0MTU4N

ご指摘ありごとうございます!
修正させて頂きましたっ

4名無しのまとぷらさん 2014年3月4日7:30 PM ID:MTIyNzkzM

あ、よくみたらサキュバスいるのね
5人でバトルロワイヤルしてるわけね