@padplusdgさんをフォロー

最新情報

LINEで送る
2014年3月23日 0:28 2コメント

【ストーリー】メビウス【プロフィール】

, , , , ,

関連記事:たいとる

メビウス

メビウス

天才の出現に、世界が沸いた。予言により免れた事故や天災。彼女が聞いたのは、未来の声。そして、次に予言された聖なる扉。だけど、扉が開かれたその時、彼女は悪魔の子と呼ばれ、痛烈な批判を浴び、世界に裏切られた。後にメビウスの名で人前に現れた時、彼女は義耳型ドライバ【ループ】で耳を閉ざしていた。

彼女はひとり、怯えていた。聞こえなくなった未来の声。迫りくる不安、強化を施した【ループ・ループ】ですら聞こえない未来の声。最後に聞こえたのは、ドラゴンの解放による混血族<ネクスト>の訪れ。無才メビウスは、無数の監視役自立型ドライバと共に、もう一つの第五世代自律兵器型ドライバ(アワユキ)の開発を始めた。

ノントロン

machine06

各地で目撃された所属不明の自立型ドライバ【ノントロン】。その開発経緯は不明であり、行動理由も不明である。唯一判明した開発コードでさえも、存在しないことを示す「ノーン」が与えられていた。人畜無害な機体でありながら、稀にとる攻撃態勢は決まって、約束された未来を壊そうとする者達へ向けられた。

少しだけ判明したその存在理由、それはこの統合世界<ユナイティリア>の監視役。交わってしまった世界の、より近くで、より正確に、その全てを監視し、記録し続ける為に生まれた自立型ドライバが進化した姿が【ノントロン:ツヴァイ】。この世界が無に帰すその時まで監視を続け、そしてその妨げを排除する。

未来の声が聞こえなくなってしまった無才は、それでも開発を続けていた。阻まれた正当進化に気付かないフリをしながら、少しでも世界の情報を集める為に【ノントロン:ドライ】を作り続けた。自分は利用されている、そんなことは百も承知だった。いずれは暴走してしまう自立型ドライバに、僅かな希望を託した。

メソポティア

メソポティア

飼い慣らされた古の竜は自らに牙を向けた【ナノ・ウロボロス】を飼い慣らし、そして、統合世界という檻の中で飼い慣らされた者達へと終焉を突きつける。そこに自由などは存在していなかった。竜の力を持った混種族<ネクスト>の訪れ、無才(メビウス)にだけ聞こえていた声は、統合世界全土へ聞こえる声へとなり響き渡る。

泣き崩れた少女は、壊れてた宝物を抱きしめていた。最後の中世を誓った男は、聖王(アーサー)の宝物を抱きしめていた。無情にも遂行される終焉の序章、放たれた【テラ・ウロボロス】はその場の全てを無に帰した。そして、残されたのは、無明竜メソポティアただ一人と、消えかけた葉巻(パロミデス)と、笑顔のままのピンクのポーチ(ガウェイン) だった。

アワユキ

アワユキ

手段は違えど目的は同じと、皆と同じ道を歩き始めたはずの一人の少年(ギンジ)は、自分にしか出来ないことがあると言い残し、一人故郷の極東国<ジャポネシア>へ。枯れることを知らない桜の前で、諸行無常の響きの直後に聞こえてきたのは第五世代自律兵器型ドライバ【アワユキ】の機動音と、鞘から刀を引き抜く音だった。

圧倒的な破壊力を前に、止むを得ず力を共にした無の斧(ギンジ)と刀(ムミョウガタナ)。生憎と罪人以外を斬る趣味はないのでな。最期のひと振りを少年に預け、無刑者は一足先に刀を収めた。綺麗に咲き誇る桜の下、再起動<リブート>を終えた【アワユキ:ミヤビ】が自らの存在理由を口にした頃、無刑者の背中は既に夕日の先へと溶けていた。

虚無研カルツァクライン

【無刑者の動揺】 常界へと降り立っていた無刑者(ムミョウガタナ)にも、新たな白の女王(シラユキ)の即位の話は届いていた。何故このタイミングで。何が起こるのかはわからない。ただ、何かが起ころうとしていることだけは確実だった。何かを知る為に、未来を知る少女(メビウス)の元へ、無刑者は急いだ。

【被験体019】 被験体019、左腕に貼られた番号。ごめんね、これも全部、仕方がないことなの。虚ろな目の天才は、被験体へと謝りの言葉を述べた。抜き取られる無の力、せめてもの償いにと、天才はこの抜き取ったという事実を全て、無に帰した。

【起動実験レポートN】 何も記載されていない白紙の起動実験レポートを受け取った男は問いかけた。これが君の答えかい。無言で首を縦に振る天才。今更、約束された未来を変えることなど出来やしないよ。無言で首を横に振る天才。虚ろな瞳に、微かな光が宿っていた。

【無に魅せられし天才】 無に魅せられし天才の部屋に配置された無数のモニター。天才は世界の全てを見ていた。そして、世界の監視結果により設計された自立ではない自律の兵器。聞こえなくなった未来への不安を振り払うよう、無心で僅かな希望の開発を進めるのだった。

メビウスは約束された未来を知っていて変えようとしようとしていた。
メビウスが最後に聞いたのはメソポティアなどのネクストの訪れ。

メビウスから滲み出す良い子感。絵もいいし(^◇^)

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
■ディバゲダウンロード
Android app on Google Play

この記事にコメントする

記事へのコメント

1名無しさん2014年3月23日12:30 AM

レポート受け取ったのが誰か気になりますねー

2名無しさん2014年3月23日1:40 AM

↑既に出ているキャラなんでしょうかね?

今日はこんな記事が人気です

関連記事